鈴木歯科クリニック

審美歯科・ホワイトニング・セレック治療は福井市の鈴木歯科クリニックにお任せ!

コンセプト審美歯科インプラント衛生管理設備紹介

インプラント

各種インプラント治療法

インプラント治療はこんな方におすすめします

  • 一番奥の歯が抜けていてブリッジができない。

  • ブリッジ治療をするために健康な歯を削りたくない。

  • 抜けている歯の数が多くブリッジでは支えきれない。

  • 入れ歯を使用するのが、審美的に(見た目に)抵抗がある。

  • 入れ歯の着脱がわずらわしい。

  • 入れ歯が気持ち悪くて装着できない。

  • 入れ歯があわなくなり、入れ歯による痛みがある。

インプラント治療にはさまざまな方法があります

  • step1.最適な治療計画をご提案いたします

    欠損した歯の数、インプラントを埋入する骨の状態、骨の幅、骨の高さなどにより、治療方法には様々な選択肢があります。
    インプラント治療終了後、患者様が無理のない衛生管理を可能かなどを含め、総合的に検討した上で、治療方法を計画いたします。

  • step2.たとえば従来治療のブリッジ場合、治療後はこうなります

  • befor1

    失われた歯の両隣は、これまで治療されたことのない
    綺麗な歯ですが...

  • after1

    両隣の綺麗な歯を削り、金属にてかぶせます。固定式の方法ですが、やはり抵抗がありますね。

  • step3.従来治療の利点、欠点もご理解いただいた上で治療開始となります

    インプラント治療についてさらにわかりやすく詳しくご説明いたします。

歯を1本失った場合

  • befor1

    1本の歯が欠損しています。固定する方法を従来の治療法で選択するとブリッジとなります。ブリッジでは周りの歯を大きく削らなければなりません。場合によってはブリッジの土台となる歯の神経をとらなくてはなりません。

  • after1

    インプラント治療では両端の歯を削らなくてもすみます。またブリッジの土台となれば、欠損している部分の負担も受けることになります。負担過重になると、削られた歯は痛みやすく、駄目になるのもはやくなります。

歯を何本か失った場合

  • befor2

    多数の歯が失われています。ブリッジ治療もできません。従来の治療法では、金属のばねで歯にひっかける部分入れ歯となります。

  • after2

    インプラント治療では骨を支えにして人工の歯を固定します。取り外しの入れ歯と違い、がたつくことはありません。 顎の骨がやせるの防ぐことにもなります。

歯を全部失った場合

  • befor1

    歯が全部失われています。従来の治療では、総入れ歯となります。はずれやすく、十分な力をかけて噛むことができません。義歯の下に当たりが出て痛むこともあります。

  • after1

    インプラント治療では顎の骨に固定したり、インプラントを固定源として食事中にはずれにくくなるよう入れ歯を安定させます。力をかけて噛むことができ、食事の楽しみを取り戻すことができます。

▲について:
月曜は隔週でお休みとさせて頂きます。また月曜日が休診ではない週は、水曜の午後を休診とさせて頂きます。
月曜日の休診につきましてはカレンダーをご参照頂くか、当院に直接お問い合わせ下さい。

※ご予約の際はお電話ください。ご予約のない場合はお待ちいただく場合がございます。
福井県福井市にある「鈴木歯科クリニック」はむし歯が見つかった時や
痛みがある時の治療はもちろんですが、むし歯を作らない、
歯周病にさせないことを目標にした予防歯科にも積極的にとりくんでいます。